• ホーム
  • カンジダ症の感染と胎児への影響

カンジダ症の感染と胎児への影響

ウィルス

カンジダは、体の一部にいつも普通に付着している真菌の一種で、それ自体の存在だけでは感染症を引き起こすことはありません。
しかし、抗生物質を使っていた人の体表付近で、カンジダと競合していた別の細菌が抗生物質のために死んでしまった場合など、真菌の力が大きくなって、カンジダ症が発症することがあります。
そのように普段は単独でカンジダ症を引き起こす攻撃性のない真菌であっても、何らかの理由でそのバランスが崩れた時、感染症を起こす攻撃性を持っているのです。
カンジダ症はまた、カンジダ菌が女性の性器周辺にも常に存在しているため、女性が妊娠した場合に感染症として現れることがあり、その攻撃性は耐え切れないほどの強いかゆみを伴い、多くの白濁した豆腐カスのようなおりものを作り出します。
その症状を和らげ、完治させるためには、抗真菌薬の軟膏を塗布したり、座薬として膣に用いることがあります。

出産までにカンジダ症を治しておかないと、感染した膣を通って生まれてくる子供がカンジダ菌をまともに受けて、鵞口瘡やおむつかぶれなどの感染症を起こします。
鵞口瘡などのカンジダ症にかかった乳児は、その感染の程度によって重症化した場合、発熱やショックを起こします。
また更に重症化すると、体の中の器官が機能しなくなって、死の危険も十分にあります。
繰り返しますが、口中や皮膚、膣、腸管に付着しているカンジダ菌は、それだけでは特別に恐ろしい菌ではありません。
けれど免疫機能が著しく低下している人や、生まれたばかりの子供のように免疫機能が十分に働いていない状態で感染した場合は、死に至る可能性のある感染症を引き起こす攻撃性を持っていることを忘れてはなりません。

関連記事