• ホーム
  • カンジダ症はどんな病気?

カンジダ症はどんな病気?

カンジダ症とは、カンジダ菌により発症します。
カンジダ菌とは、膣内の常在菌であり、酵母カビの一種です。
ですから、カンジダ症は、性感染症ではありません。
カンジダ症になると、様々な症状が出てきますが、すべての症状が出てくるわけではなく、人により症状出かたが違う事もあります。

まず、一つ目の症状は、ひどいかゆみです。
掻きむしりたくなるような強いかゆみがあります。
時には、ずきずきするような痛みを伴う事もあります。

二つ目は、白いおりものが大量に出るようになります。
酒かすや、カッテージチーズ、またはヨーグルトのような独特な性状のおりものです。

カンジダ症は、カンジダ菌の異常繁殖によって発症する膣炎です。
発症する原因は、常在菌のバランスが崩れるのが原因です。
膣内の状態は、乳酸菌により酸性に保たれています。
その為、他の菌が繁殖しにくい環境になっています。

その常在菌のバランスが崩れてしまう理由には、色々あります。
〇生理前のホルモンの変化によるもの
〇糖尿用や披露などで免疫力が低下したことによるもの
〇妊娠でのホルモンの変化によるもの
〇風邪などで、抗生物質を使用したことによるもの
〇エイズの原因であるHIVウイルスの感染によるもの
〇まれですが、湿った下着やきつい下着を着けていて発症することも

このような原因でカンジダ症を発症してしまいます。
膣で発症する場合だけでなく、口の中で繁殖し、口内炎が出来たり、炎症を起こしたりする喉の性病で、HIV患者に多いとされています。
カンジダ症の治療には、軟膏、クリーム、膣座薬、経口錠などがあります。

続いて、梅毒症状ですが、トレポネーマという病原菌により感染します。
原因は、すべての性交渉によるもので、皮膚や粘膜の小さな傷から侵入し血液へ入り、全身へと広がります。

梅毒症状は、小さな赤いしこりが感染部分にできるのが特徴です。
梅毒症状もカンジダ症も放置しないようにしましょう。

関連記事