• ホーム
  • 性感染症にならないための方法

性感染症にならないための方法

薬を口に入れる女性

近年、若者を中心に性感染症が広がっています。
自覚症状のない病気も多くあり、気づかないまま性行為を繰り返してしまうことで感染者が広まる傾向にあります。
性感染症にかかったら治療をすることが1番ですが、性感染症にならないための方法を知っておくことも大事です。
性感染症にならないための方法としては、性行為をする前に避妊具を装着することです。
代表的なものとしてコンドームがありますが、避妊以外でも性器である皮膚を直接接触するのを防いでくれるので性感染症の予防となります。

特にコンドームは妊娠や感染を防ぐ確率がとても高く、お手頃な価格で多くのお店で販売されていることから一般的なものになっています。
性行為をする前にこういったコンドームなどを装着することはとても大事なことであり、お互いに装着することを意識しておかなければいけません。
この予防法をちゃんと理解していない人も多くいるので、性感染症にならないための方法として10代の性教育をする学校や病院の方でも指導などをしていく必要があります。
その他にも、性行為をする前は体を清潔にしておくことや、不特定多数の人たちとの性行為をしないことも大事なことです。
また少しでも性器などに気になる症状があれば、性感染症を疑い治療をしていくことも大事です。
性感染症にならないための方法を理解しておくことが、1人でも多くの性感染症を防いでいく手段になっていくのです。

関連記事